福利厚生とは実は明確な定義は存在せず一般的には、
社員が安心して仕事ができる環境づくりの施策という事になります。

社員のための費用ということは、一種の投資に似たような感覚ですね。

投資をすることで、社員のモチベーションを上げる重要な項目です。

そうなると、経費削減も慎重にしなければなりません。

経費削減をする上では何かと目につく項目なので、早々とカットしようと思うのですが、
冷静によく考えなければいけません。

その場しのぎの経費削減をしても、後々の経営に悪い影響を及ぼす可能性があります。

社員への投資を止めるとやる気や意欲が低下し、業務に影響を及ぼします。

福利厚生費からの経費削減は全社行事などを徐々に縮小したりと
長期間で経費削減するとよいでしょう。

また、寮や社宅は保有しているだけで管理費や定期的に修繕費が掛かったりと、
無駄な経費や手間が掛かります。

都心に近い企業であれば、賃貸物件による借り上げ制度にしたほうが、
効率的にいい場合もあります。